待ち望むその日のために、今は辛さを抱きしめて、やりたいことをやらない力を発揮しよう

吾輩は猫なので。

自由気ままに生きる。

やりたいことはやる、やりたくないことはやらない。

まぁ、できることなら人間も、その方が良いとは思うのだがしかし。

人との関わり=社会の中で生きていくためには。

どうしても「耐性」が必要となる。

先日、我が分身が、自宅で免許の更新講習を受講し。

昭和大学副島賢和先生の講義に対してひどく感銘を受けていた。

f:id:Nyaokichi:20200504121557j:plain


ここでの学びで、凄く大事だなと思ったことのひとつが。

「耐性」ということ。

読んで字のごとく耐える力。

ここでは、この「耐性」は、大きく2つに分けられる。

「がんばる力」「がまんする力」


がんばる力というのは・・・

遠い目標のためにやりたくないことをやる力。

それに対して、がまんする力というのは・・・

遠い目標のためにやりたいことをやらない力。

ニャるほどニャ~。

この自粛期間中に求められている「耐性」は・・・。

がまんする力だったんだにゃぁ。

ここでもうひとつ、にゃおきちが思うこと。

「我慢」と「辛抱」の違い。

これに関しては、先日、テレビで磯野貴理子さんが言ってたけど。

もとは、石倉三郎さんの著書の中での言葉だそうな。

確かに、我慢は自分自身の欲望を抑えることだから難しそうだ。

だけど、自分には甘い人でも、人には優しくできることってニャい?

それと同じで、「辛いことを抱きしめる」

これらをまとめると・・・。

まだこの自粛要請の世の中は長引きそうだけど。

それは、遠い目標のために。

1人1人が、やりたいことをやらずに辛さを抱いて過ごしましょう。

そういうことなんじゃないかな、と思ったのだ。

もちろん、その逆で。

遠い目標のために。

やりたくないこと(自粛)をやるというスタンスでも良いと思う。

いずれにしても、とにかく今は。

来たるべきその日のために、もう少し耐えよう。

まだまだ言いたいことはあるけれど。

今日はここぐらいにする。

最近、寝言(独り言)が長くて困る(笑)