今日は、昨日のほぼ5倍の高さへ!(242m⇒1212m)

昨日の山ボーイデビューに味を占めまして(笑)

本日も、良い意味で天気予報が外れたので、本日は早起き。

神奈川県西部(静岡県?)は、金時山に登ってきました。

午前6時に出発、8時20分より、公時(きんとき)神社側より登頂開始。

f:id:Nyaokichi:20200921191356j:plain

無事の登頂を(遠目に)祈願して、いざ出発(*^^)v

f:id:Nyaokichi:20200921191715j:plain

早々にすれ違った男性から「頑張って、富士山も見えましたよ!」

f:id:Nyaokichi:20200921191907j:plain

途中、見つけた花。登山の間は、なぜか花を愛でる心が湧くのです。

f:id:Nyaokichi:20200921192052j:plain

中腹で振り返ると、こんな景色が。富士山、本当に見えるの?

f:id:Nyaokichi:20200921192201j:plain

もうひとふんばり。

f:id:Nyaokichi:20200921192226j:plain

クワガタも頑張れと言ってくれている・・・ような気がした。

さて、いよいよ待望の登頂!

車に搭載されているGPS情報によると、駐車場は標高700mぴったり。

金時山は1212mなので、512mを登ったことになります。


閑話休題

そう言えば、往路、車からちょっと見えた富士山は。

うっすらと白くなってました。

後から知ったのですが、初雪化粧だったとか?




・・・。
・・・・・・。
・・・・・・・・・。


f:id:Nyaokichi:20200921192336j:plain

見事に真っ白!・・・って、おい!違うだろ(笑)

残念。

雨は降らなかったけど、山頂付近は雲に包まれていました。

さらに残念なことに・・・。

登頂記念に撮ってもらった写真が、ちゃんと写っていなかったらしく。

唯一、撮れていたのが、コレ。

f:id:Nyaokichi:20200921192954j:plain

最後にふざけたポーズのに限って、撮れている・・・。

うむ、残念すぎるが、これはこれでネタになるから美味しい…のか?(笑)

f:id:Nyaokichi:20200921193609j:plain

下山中、空を見上げる。この光が好きかも。

f:id:Nyaokichi:20200921193752j:plain

金時宿り石(の裏側)

下山していると、ところどころ陽射しが出始めました。

雨天の天気予報で、登山を諦めかけた時よりは幸運。

登頂後に得られる絶景を見られなかったのは不運。

いや、雲を下に見るなんて、飛行機以外にはなかなかない機会。

やっぱり、幸運。

うん、無事に行って、戻って来れただけでも、大幸運ですね。

11時45分には無事下山し、駐車場を後にしました。

それにしても、すれ違う登山客も多かったと思うのですが。

なによりも、箱根方面、車が多い!

自分も行楽に出かけた人間なので、人のことは言えませんが。

とにかく、車は多かった。

何でも、4連休3日目の今日は、コロナ以降最も人出が多かったとか。

途中、温泉でも入って帰ろうかと思いましたが・・・。

そのままどこにも寄らず、帰路に着きました。

箱根湯本の辺りでかなりの渋滞。

西湘バイパス上りはすいすいですが、江の島手前で渋滞。

その後、由比ガ浜~逗子海岸と断続的に渋滞。

道路の横を走る江ノ電は上下線とも、なかなかの乗車率。

水族館も、海岸もなかなかの人出でした。

f:id:Nyaokichi:20200921195033j:plain

渋滞中見つけた、ガメラ?が口を開けたような雲。

目に見えないウィルスや人々の憂鬱なんかを全部やっつけてくれたらいいのに。

まぁ、いずれにしても、デビューから2日連続の登山。

両日とも、絶景はお預けでしたが、楽しめました。

昨日も少し書いたけど、今の自分の体力的にはマラソンよりも良さそうです。

次がいつになるか分からないけど、そんなに遠くないうちに。

ちょっと足に馴染んできたハイキングシューズの出番を見つけたいです。

地域で最高峰の山に登ってきました(*^^)v

f:id:Nyaokichi:20200920212007j:plain

おニューのハイキングシューズ(*^^)v

コロナ禍で、アウトドアがブームみたいだけど、そんなん関係なく。

登山なるものに挑戦してみるきっかけを頂きました。

で、先々週、ハイキングシューズを買いまして。

本当は、先週12日に某山に登る予定でしたが、天候不良で断念。

今週も雨の天気予報に振り回されて。

明日、リベンジしようと思っていたら、また天気予報が変わり。

今朝はまだ陽射しも残っていたので、急遽予定を変更して。

近くの山に行ってきました。

f:id:Nyaokichi:20200920212528j:plain

三浦半島最高峰! 大楠山、標高242m(*^^)v

4つのコースがあるみたいですが、今回は立石の駐車場に車を置いて。

前田橋から登りました。

242mということで楽勝と思いましたが・・・。

f:id:Nyaokichi:20200920212919j:plain

意外と疲れました・・・。大木を引き倒したわけではありません(^^ゞ

f:id:Nyaokichi:20200920213054j:plain

お天気は微妙。でも、ほとんど降られずに済みました。

でも、良い運動になりました。

かつては、よくランニングしていましたが。

ここ数年、走ることへのモチベーションが著しく低下中。

これからは、山ボーイを目指します(笑)

下山後は、立石の近くにある「桶や」さんでお蕎麦を頂きました。

趣のあるお店、蕎麦打ち体験などもなさっているようです。

f:id:Nyaokichi:20200920213639j:plain

蕎麦「桶や」さんの店内。

f:id:Nyaokichi:20200920213743j:plain

ざる蕎麦、860円。大変美味しく頂きました。

さらに帰りに、Green Baseというカフェ(コミュニティスペース)へ。

f:id:Nyaokichi:20200920214059j:plain

きなこちゃんという看板犬が出迎えてくれました。

f:id:Nyaokichi:20200920214155j:plain

サイフォンのコーヒーが350円!

三浦半島に住んで22年と半年。

どこも初めて訪れました。

いいところですね、三浦半島(*^^)v




9月18日は何の日?

たまたま買ったカップヌードルのデザインが!

f:id:Nyaokichi:20200917222437j:plain

HAPPY BIRTHDAY 9.18

f:id:Nyaokichi:20200917222525j:plain

カレーの発売は、1973年5月らしい。

たくさんお世話になっております。

NISSINの創業者、安藤百福さんの自伝を読んだことがあります。

戦後の日本を立て直そうと、40代後半にしてチキンラーメンの研究開始。

今のインスタントラーメン文化のパイオニアです。

ちなみに、今日はチリトマトを頂きました。

大変美味しく頂きました、写真はありません(笑)(笑)

「時間泥棒」について

2018年の暮れに「時間泥棒」という曲を書きました。

ふと、頭の中に、「時間泥棒」という言葉と。

そのイメージが浮かんで来て。

お伽噺・・・ではないけれど、そんな感じの世界を。

歌にしてみました。

だけど、それが、誰かの作品の盗作…とまでいかなくても。

既出の世界だったら、人前で唄うのはよくないので。

当時、「時間泥棒」という言葉をインターネットで検索しました。

そのとき、ヒットした言葉が。

「モモ」という児童文学。

ミヒャエル・エンデというドイツの作家の40年以上前の作品。

このときは、そのあらすじだけに目を通し。

拙作の「時間泥棒」とはまるで違うことに安心して終わり。

次の邂逅は、去年の11月。

東京は野方の焼酎場ぁ~くんちゃんにて、じゅんや人情さんと初共演。

そのとき、僕の「時間泥棒」を聴いたじゅんやさんが。

自作の「モモ」という曲を唄ってくださいました。

これは、まさにミヒャエル・エンデの「Momo」がイメージだそうで。

そのとき、この作品の力というものを垣間見ました。

それでもまだ、僕は「モモ」という児童文学に手を出しません(笑)

三度目の邂逅は、先日僕がこのブログに時間の愚痴を書いたとき。

元同僚で大先輩の方が、「ミヒャエルならどう言っただろうね?」と。

そのとき、僕のこの夏の「課題図書」が決まりました。

そして、さっそく職場の図書館に行きまして・・・読みました。

そうなんです、児童文学がとても身近なところにあるくせに。

「なかなか読む時間がない」なんて、まるで「時間貯蓄銀行」に。

知らない間に契約させられた大人の如く、先延ばしにしてました。

で、読み終わるかどうかというとき。

ふと立ち寄った本屋で、こんな雑誌を見つけました。

 

f:id:Nyaokichi:20200830204125j:plain

ミヒャエル・エンデの「モモ」と、「100分de名著」のNHKテキスト

もう、8月も終わるという今になって。

こんな放送があったことを知りました。

最近、本屋に行くと、このようなことがよく起こります。

「時間」ということは。

僕にとっては、永遠のテーマでもありますので。

このテキストもじっくりと読んでみたいと思います。

肝心の「モモ」という作品の内容ですが。

やや古い作品(と言っても、自分が生まれた翌年)のためなのか。

または外国文学にありがちなことでもあるのですが。

日本語訳が、子ども向けの割に、今となっては難しい言い回しであったり。

独特の文体のため、慣れるのにやや時間がかかりました。

これは、役者と自分との相性の問題でもあると思います。

しかし、その作品の内容には、充分ひたることができました。

NHKテキストの表紙に「カウンセラー」という言葉が使われていますが。

まさに、そのとおりだと思いました。

モモの人の話を聞きだす能力は、教育現場でも大いに参考になりそうです。

では最後に。

「モモ」とはまるで関係のない「時間泥棒」の歌を。

いつの日か、自分なりの「時間泥棒」を文学作品にしたいと。

構想だけは練って、早1年半・・・。

でも、今回のことをきっかけに。

少しでも完成に近づけていけたら良いと思っています♪


時間泥棒(オリジナル)

今週のお題「読書感想文」

経年変化を楽しむ

ふだんからよくお世話になっているNoppo Plusというお店。

https://www.kurihamawa.com/shop/0468303088/


流行にとらわれず、良い物を長く使って欲しいというコンセプト。

店長のノブさんのお人柄がとても素敵。

主に洋服を買うのだけれども、これまでに・・・。

ベルト、財布、手袋、傘、靴・・・いろんなものをここで揃えてます。

そして、またまたとても魅力的な商品と目が合ってしまいました。

 

f:id:Nyaokichi:20200826190345j:plain

Butler Verner Sails トコヌメ革巾着ショルダー

これ、使いこんだら絶対にカッコ良くなるやつ!

このシンプルさがたまりません!

僕は、服でもギターでも、新品のを自分で使いこんで育てたいタイプ。

この素敵な商品を作っている会社はこちら。

www.winds-baggage.com

 

まずは、真新しい状態で記念写真。

これが何年も経って、良い感じに育ってきたとき。

また写真を撮って、記事にしてみたいと思います。

それまで、このブログが続いていれば・・・の話だけど(笑)

残念な時間

今日は残念なことがあった。

短い夏休みが明けて、今週より授業再開。

でも、まだ給食はナシ。

僕は、お昼は外に食べに行く。

ほとんどの職員が弁当持参で職場で食べるけど。

僕は余計なゴミを出したくないのと、少しでも外の空気に触れたくて。

暑くても、毎日外に食べに行く。

主にカウンターで、独りで食べる分には感染の心配はほぼない、はず。

で、今日は(も)、某チェーン店へ。

ここは国産野菜が豊富に摂れるので、よく利用している。

給食のない時期は、週に1~2回。

本日、店に入ったら、そこそこ空いてる。

カウンターにすぐ座り、すぐオーダー。

その後、来客が増える。

おお、福の神だ、おいら(笑)なんて思いながら、調理を待つ。

しかし、いつも以上に時間がかかる。

おかしいなぁ、後から来た人にも出てるのに、と。

そわそわしてると、残念ながら最初の店員がやってきて・・・。

「すみません、もう一度オーダー宜しいでしょうか?

 (オーダーが)通っていなかったみたいで・・・。」

「は?(ふざけんなよ) もう、ええわ。」

ちょっと、大人げなかったけど、そのまま店を出る。

待った時間、約15分だけど。

45分間の休憩時間の中で、これは致命傷。

もしも、自分に時間の余裕があったならば。

そこまで目くじら立てずに済ませたかも知れない。

いや、それでも、これはないだろう?と思った。

人の、貴重な、大事な時間を奪っておいて、「すみません」だけって。

そう、何よりも貴重な時間を奪われることが嫌いな自分です。

結局、店を出て、コンビニでパン買って、職場で急いで食べました。

チェーン店に、そこまでのホスピタリティは求めてません。

だけど、当たり前のことが当たり前になされないなら、「次」はもうない。

ミスは誰にでもあるし、そこはしょうがない。

だけど、「今回は申し訳ありません。次回お使いください」と。

割引券のひとつでも配ることができなかっただろうか?

いや、別に特典が欲しいわけじゃないし、たかるつもりもない。

ただ、僕は、この残念な件を、同僚の何人かには伝えた。

もっと言えば、名指しでこのブログやSNSにあげることだってできる。

それって、店からしたら1人の顧客を失うだけでなく。

そこそこの損失ではないだろうか?

もし、自分が逆の立場だったなら。

とにかく頭を下げて、何とかして顧客を繋ぎ止める努力はしただろう。

それが、そのミスをした店員個人の問題なのか、店全体の問題なのか。

いずれにしても、残念かつ腹立たしいので。

本社のお客様相談センターに電話しました。

残念なことがあったから、この案件を会社として共有してくれと。

応対に出た気の毒なオペレーターの人は。

「貴重な時間を(使って電話してくれて)ありがとうございました」

とまぁ、僕にとって大事な言葉を言ってくれたので、溜飲は下がりました。

さて、この案件がどれぐらい社内で共有され、改善されるでしょうか。

いずれにしても、人の時間を奪うことぐらい大きな罪はないと思う。

さてさて。

そんなことを言う僕自身。

誰かの大事な時間を奪うようなことはしていないだろうかと、自問自答。

きっと、人のミスを責められないぐらい、自分もやらかしてるんだろうな。

例えば、このブログをここまで読んでくれた人が。

「しょうもなっ! 読んで損した!」と思ってしまえば、それも罪。

だけど、だからこそ、「時間」ということについては。

敏感でいたい。

なぜならば、時間=生命そのものなのだから。

無駄な時間とは?


ゴロワーズを吸ったことがあるかい?って聞かれたけどなかったからゴロワーズを吸ってみた(オリジナル)

 

まずは、今日(2020年8月1日)、久々にアップした動画を。

久々と言えば、3月のライヴのとき以来・・・。

久し振りにギターの弦を変えました。

ついでに、Websiteも3月以来の更新をしました。

交換や編集の仕方を忘れないようにするためもあるのですが。

月が変わったというのも大きな要因のひとつです。

さて、世の中は、一向に明るい兆しは見えず。

むしろ、悲観的な数字ばかり連日目にします。

でも、今日はコロナのことについては述べません。

ただ、この間に、僕自身の生活はもとより。

いろんなことへの物の見方、考え方に、自分の中に変化が起きました。

まずは、「時間」について。

この曲では、とにかく「時間を無駄にしない」と唄っています。

コロナ以前は、僕にとっての「無駄な時間」とは。

何もしなかったり、したとしても非生産的なことだと思っていました。

なので、平日は教壇に、土日はステージに上がり。

自分のステージがないときには、人のステージを観に行く。

その他、本を読んだり、馴染みの店に呑みに行ったり・・・。

とにかく、じっとしてないで、アクティブに動き回ること。

これこそが人生を豊かにすると、そう思い込んでいました。

だけど、コロナの影響で、ライヴ活動の中断や。

学校の休業に在宅勤務、分散登校、いわゆる自粛。

そんなこんなで、生活スタイルに大きな変化が。

自粛も最初の頃は、「1日1曲」なんて勝手に自分に課して。

オリジナルソングを連日You Tubeにアップしていました。

でも、そのネタも尽きると・・・。

その反動というか、音楽への情熱が一気に下がってしまいました。

新曲を創ることはおろか、ギターさえ触らない日があるぐらい。

では、その間僕は何をしていたかと言うと・・・。

ドラゴンクエストⅤにⅧ・・・いわゆるゲームです。

どちらも2004年に発売になったPS2のソフト。

自分でも持っていたのを忘れていたぐらい。

それをふと発見致しまして。

15年ぶりぐらいに読み込んでみました。

(我が家では、PS2は今も現役の、DVDプレイヤーなのです(笑))

凄い、15年以上経ってもメモリーには過去のデータが残っていた。

全部消して、まずはⅤ「天空の花嫁」から。

これは、スーパーファミコン時代にもやった超名作。

でも、面白いことに。

学生時代にあれだけやりこんだゲームなのに。

ものの見事に内容を忘れている(笑)

もちろん、主要なエピソードやキャラは多少覚えていたけれど。

懐かしさと同じかそれ以上に新鮮な気持ちでプレイしました。

ほぼ全部攻略し終わった次に、Ⅷの「空と海と大地と呪われし姫君

エニックスとスクエアが一緒になって話題になった作品。

しかし。

これは、本当に見事に。

もう、そのほぼ全てと言って良いぐらい内容を忘れていました。

15年という月日の長さを実感すると共に、なんだか得した気分(笑)

これはまだクリアしていませんが。

もう、これまで散々楽しませて頂きました。

何より、ゲームに熱中する子どもの気持ちを。

今更ながらに身をもって体験したのでした(笑)(笑)

これまでの自分だったら、「ゲームは非生産的で無駄の骨頂」

そんなふうにさえ思っていました。

だけど、今更ながらに謝罪の気持ちも込めて断言します。

「ゲームは文化」です。

戦闘中の高揚感や目標をクリアしたときの達成感。

これらは、本や映画と同じか、それ以上のものがあります。

また、知識や記憶、想像と言った知的な活動も必要です。

但し、時間を決める等の節操を持てないと確かに危険だとも思いました。

また、今回15年以上前のゲームに熱中したからと言って。

現在のゲームまでは興味は今のところありません。

もう充分です。


長々と毎度のことながら綴って参りましたけど。

要するに何が言いたいかと言うと。

その時々、おかれた状況下で。

自分自身が優先事項として選んだ活動のすべてが。

その人にとって、有益な時間ということ。

動き回ることだけが、時間を有効に使っているというわけでもない。

今思えば、それまでの僕は。

自分のキャパを鑑みもせず。

少々、節操もなく詰め込み過ぎていたようにさえ思っています。

そして、かつての自分に言わせれ「無駄」と思っていた。

時間の使い方を経て、またひとつ成長できたとさえ思っているところです。